気を付けたい!以外と知らないランドリートラブル

洗ってはいけないものを洗ってしまった

何かと便利なコインランドリーですが、意外とトラブルも多いのが現状です。では、いったいどのようなトラブルが発生しているのでしょうか。
一つ目として、洗ってはいけないものを洗ってしまうというトラブルです。洗濯槽の扉やコインランドリーの壁に注意事項が貼られていることが多いのですが、書き方が分かりにくかったり無視してしまったりという事態が発生します。
例えば、綿が大量に入っている座布団やマクラやぬいぐるみといった類のものは洗濯槽に入れないで下さいと書かれていたとします。それを無視してランドリーを回してしまったがために、洗濯槽ないが綿だらけになってしまうという事故が発生してしまうのです。注意書きはよく読むことが大切です。

出来上がりの時間を忘れる

続いて、よくあるトラブルの一つとして、洗濯物が終了する時間を忘れてしまうというものが挙げられます。
帰ってすぐに干す予定ですとシワだらけになってしまいますし、混んでいる状態のコインランドリーでは洗濯物が放り出されているという状況にもなりかねません。商業施設と一体型のコインランドリーが増えていますので、ついついほかのことをしている内に終了時間に間に合わないという事態が、多く発生してしまっているのです。
それが原因で洗濯物を紛失してしまったり、再度洗い直さなくてはいけないという困った事態が増えているのです。他人に触れられたくないのであれば、終了時間をきちんと守って洗濯物を取り出すようにすることが大切です。